手術やタダポックス!で平均射精時間を長くする

セックスをした時の平均射精時間は15分程度となっているのですが、個人差があるので7分程度でも十分に正常な射精であるとされています。タダポックス!は脳の興奮を抑えることができるので、早漏の人が服用した場合には平均射精時間と同じくらいの時間で射精ができるようになります。タダポックス!は効果を実感するまでに2週間から3週間程度かかるので、服用をする場合には医師の指導にしたがって正しく服用する必要があります。また早漏の原因として仮性包茎などがあるのですが、この場合には手術をすることで射精の時間を平均射精時間に近づけることができます。仮性包茎の状態では亀頭部分が刺激に対して弱くなっているので、短い時間で射精をしてしまうことがあります。手術によって包茎が治癒することで亀頭部分が正常となるので射精時間も長くなります。早漏が手術後も治らない場合には亀頭部分に局所麻酔薬を含んでいるスプレーを塗布することで正常なセックスをすることが出来るようになるのですが、ストレスが原因で射精時間が短くなっている場合にはタダポックス!などを服用して精神状態を安定化させる必要があります。タダポックス!の服用を数ヶ月間続けている場合には服用を中止する場合には注意が必要で、急激に薬の量を減らしてしまうと副作用が出ることがあるので、医師の指導にしたがって薬の量を減らす必要があります。タダポックス!の主な効果としてはセロトニンの吸収を抑えることで不安を解消することがあるのですが、脳の興奮を抑えることができるので射精時間を長くすることができます。早漏を改善するためには亀頭の表面に局所麻酔薬をスプレーする方法とタダポックス!などのSSRIを服用する場合があります。