早漏男子が嫌われる理由

男女の性交渉では、その両方が快感を得られることが大事になります。
そのため、どちらかだけが満足するというのでは男女間の関係も冷めたものになってしまいます。
性交渉で満足できない原因の一つが、男性の早漏です。
早漏の場合には、女性が快感を得られる前に男性の側が射精してしまいます。
そのため、女性は性交渉の途中で気持ちが盛り下がってしまいます。
これが早漏男子が嫌われる理由です。
嫌われないようにするために、早漏の男性は様々な対策を取ることになります。

早漏は専門の病院で診てもらい、治療薬を処方してもらって治すという治療法を取ります。
しかし、病院に行くのが気恥ずかしいという人も当然います。
この場合には、市販の治療薬を使うという治療法もあります。
早漏の治療には、専用の治療薬を利用します。
また、勃起不全を治療するための薬にも早漏改善の効果がみられるということで、使われることがよくあります。
また、最近では抗うつ剤に射精を遅らせる効果がみられることが分かり、その薬が使われることも多くなっています。
もし、薬に頼りたくないということであれば、少し厚めのコンドームを利用するなどして早漏しないようにするという方法もあります。

タダポックスの驚愕の持続時間

タダポックスは、ED治療薬で知られているシアリスの主成分であるタダラフィルと早漏防止の効果があるダポキセチン成分を配合した、勃起不全と早漏改善の治療を目的としたジェネリック医薬品です。
日本では未認可医薬品ですが、個人輸入は認められています。
タダポックスの効果は、36時間の間効果が持続できるといった驚愕の持続時間を持つシアリスと同様の効果を期待できます。
さらに、タダポックスはそれに加えて早漏防止の効果があるダポキセチン成分も配合された画期的な薬です。
次に副作用についてですが、基本的にはシアリスと同様に副作用は少なく、一時的に頭痛や腹痛、めまいなどがある程度です。
また、飲み方については1日1錠の服用で、性交渉の30分~40分前に服用します。
ここで、注意しておくべきことは持続時間についてです、先ほど述べたように1回の服用で36時間ほど効果が持続しますが、タダポックス自体には性欲の増進効果はありません。
さらに、服用後は勃起状態が続くわけではないので、性交渉時にはある程度の性的刺激が必要になります。
最後に、タダポックスを服用できない方は低血圧もしくは高血圧、心臓疾患を持ってる方など以外にも、女性の方の服用も禁止されていますので注意が必要です。